体重減少はファスティングで脂肪燃焼ダイエットは3日で人生が変わる秘密です。

話題ダイエットランキング

体重減少はこちらにも書いています。
体重減少は深い呼吸と自律神経と首すじタオルの謎をお伝えします。

体重減少はファスティングで脂肪燃焼ダイエットは3日で人生が変わるのよ。

スポンサ-ドリンク


</iの

皆さん、ファスティングはね、(断食)のことなの。

また、ファスティングは水だけで行う断食じやないね。

それで、日常生活を送ることができるエネルギーや栄養素を補いながら行いますよ。

通常の断食は(水)だけで行い、日常生活を送りながら行うことは難しいの。

医師や専門家が見守る中で行われますね。

なので、今回のファスティングは、(酵素ドリンク)や(発酵ドリンク)と呼ばれる栄養素が豊富なドリンクを使います。

また、断食は、人類史上最も古くからの伝統的な健康法の一つなのね。

でも、この健康法は、地球上の様々な文化や宗教によって実践されてきたの。

それで、ファスティングは、分子整合医学をベースに作られてね。



身体に必要な栄養素と最低限のエネルギーを摂取して、体内のバランスを改善する健康法ですよ。

そこで、私たちが生活するうえで不可欠な要素に食事、空気、水、住まいなどがありますがね。

いずれも有害物質を避けて生きることは困難な時代です、毒素を体内に溜めてしまう環境なのよ。

食事は毎日摂り、分解、消化、吸収、解毒といった代謝は、消化器官や肝臓といった内臓を傷付けて機能を低下させる原因です。

体重減少はファスティングで脂肪燃焼ダイエットは3日で人生が変わるの。

なので、こられの内臓の負担をファスティングにより取り除くことでね。

消化吸収や解毒、排毒機能が向上し、身体機能の回復を目指しますの。

 (ファスティングと水だけの断食「絶食」との違いは下記です)

「ファスティング」 絶食(水だけ)
★カロリー/日 約400~600kcal 0kcal
★水 充分に摂取 充分に摂取
★栄養素 糖質、ビタミン、ミネラル、アミノ酸など ほぼ無いの。
★安全性 高い 低い
★空腹感 弱い 強い
★反作用 弱い 強い
★手軽さ 仕事・日常生活を送れる 仕事、日常生活は困難

また、科学的にファスティングの効果は実証ズミで。

それで、ファスティングの「断食」は科学的にも実証されてきていますね。

(そこで、ファスティングの効果は、ダイエットです)

ファスティング中は、摂取するエネルギーが大幅に低下しますの。

なので、食事による摂取エネルギーが活動エネルギーを下回ると、体内でエネルギーがマイナスになりますね。

それで、体内に一定量蓄えられている糖質をメインをしたエネルギーを使うように体は自動的に変わりますの。

でも、貯蔵エネルギーにも限りがあり、それを使い切ると体内に貯蔵されている脂肪を燃焼させてエネルギーを作るようになりますね。

体重減少はファスティングで脂肪燃焼ダイエットは3日で人生が変わるのよ。

主なエネルギーが糖質から脂質へと切り替わるのですよ。

また、貯蔵エネルギーは、肝臓と筋肉に貯蔵されているグリコーゲン「多数のブドウ糖がつながった分子」ですね。

体重減少はこちらにも書いています。
体重減少は深い呼吸と自律神経と首すじタオルの謎をお伝えします。

肝臓に約300~400kcal程度、筋肉に約1,000kcal程度を蓄えていますよ。

でも、グリコーゲンは24時間分ぐらいしかエネルギーを蓄えることができませんの。

なので、グリコーゲンは短期的なエネルギー貯蔵形態で、脂肪は長期的で大量の貯蔵形態ですね。

注、脂肪酸は細胞内のミトコンドリアで酸素を用いて二酸化炭素と水にまで完全分解されることで大きなエネルギーを放出するの。

また、太る仕組みを知れば、体重をコントロールできます。

スポンサ-ドリンク


</iの

中性脂肪、脂肪細胞の増殖が太る理由で、どの様にして中性脂肪は作られていくのでしょうかね。

炭水化物、脂質、たんぱく質は三大栄養素と呼ばれていますの。

だから、これらは生命活動に必要なエネルギー源で、同時に身体を構築する材料になりますね。

なので、脂肪は、食べて摂取するか、過剰に摂取したエネルギーを利用して主として炭水化物「糖質」から体内で新たに合成されるの。

それで、これらの脂肪は、脂肪組織を構成する脂肪細胞に貯蔵されますね。

そこで、エネルギーが過剰になりやすいものは糖質ですよ。

最近の食事情が影響していて、過剰な糖質が脂肪を増やしていきますね。

また、私たちが糖質を食べると、胃腸で消化、分解されてブドウ糖として吸収されますよ。

なので、ブドウ糖は血流に乗って全身へと運ばれ、筋肉や脳の活動エネルギーとして使われますね。

でも、過剰に摂取されたブドウ糖は、すい臓から分泌されるインスリンというホルモンによって貯蔵する仕組みがありますの。

その貯蔵する場所が脂肪細胞というところで、これが中性脂肪ですね。

それで、食事で糖質を摂取すると、消化、吸収されたブドウ糖が血中に大量に放出されますのよ。

食後血糖値が上がるはね、人体にとって危険なの。

また、血糖値が上がりすぎないようインスリンが分泌されて、即座に糖分を処理していきますね。

しかし、体内に吸収されたブドウ糖のごく少量はグリコーゲンに変えられて肝臓に貯蔵されますの。

でも、大半はエネルギーとして筋肉や脳の活動に使われますね。

そこで、何もしないでじっとしていても、心臓が鼓動したり、肺で呼吸したりするエネルギーが不可欠だからです。

体重減少はこちらにも書いています。
体重減少は深い呼吸と自律神経と首すじタオルの謎をお伝えします。

なので、余ったブドウ糖は、筋肉も脳も受け取ってくれませんのよ。

だから、インスリンは、摂取したエネルギー源を捨てるのはもったいないと、脂肪細胞という貯蔵庫に運び入れますの。

それで、取り込んだブドウ糖を脂肪に変えてどんどん巨大化して、これが贅肉の正体であり、(ヒトが肥満になる)メカニズムですよ。

そこで、太る理由が分かると、どうすれば痩せるかということが分かり、一つは過剰な糖質を避けるということですね。

        体重減少はファスティングで脂肪燃焼ダイエットは3日で人生が変わるの。

スポンサ-ドリンク


</iの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加