時間栄養学ダイエットと体内時計で体重減少の秘密です。

話題ダイエットランキング

体重減少は、こちらにも書いています。
体重減らしてから筋トレの方法で体重減少の謎です。

時間栄養学ダイエットと体内時計で体重減少ね。

スポンサ-ドリンク


</iの




そこで、ダイエット中はいつ食べるのが正解なの。

また、ダイエットで、いつ何を食べるかが分かっていると効率よく痩せれるね。

それで、体内時計と(時間栄養学ダイエット)のご紹介です。

そこで、私達の身体には(体内時計)が備わっているのよ。

なので、朝に目が覚め、日中に活動のピークを迎えて、夕方以降は休息に向かい活動量が落ちるの。

それで、眠りにつくという1日の生活リズムですね。

また、これらの自然なリズムの観点から考えられたものが(時間栄養学ダイエッ)ですよ。

でも、時間栄養学の研究で、食べる時間でダイエットができることがわかってきたの。

そこで、時間栄養学ダイエットのカギを握るのが(太陽の光)と(朝)」ですね。

それで、太陽の光を起床後に浴びると体内時計がリセットされて、1日を活動的に過ごすことができるのよ。

なので、朝食を食べると、内臓の働きを調整する(末梢時計遺伝子)が働き始めて1日のエネルギー代謝が活発になるの。

だから、痩せやすい身体作りにつながります。

また、夜22時~午前2時までは、身体に脂肪をためるように指示をする遺伝子が現れますね。

それで、(夜寝る前に食べると太)は、この遺伝子が原因です。

なので、時間栄養学的では朝食は6時~7時にとり、夕食は18時~遅くても21時までとって。

つぎに、昼食はその真ん中の12時~13時にとることが理想ですね。

でも、就業時間が多様化している現代人は、なかなか難しいのよ。

なので、朝型の生活にしていくことがダイエットのポイントです。

時間栄養学ダイエットと体内時計で体重減少よ。

スポンサ-ドリンク


</iの

また、内臓は、それぞれ活動的に働く時間帯がありますね。

だから、それらを考慮して食べるものを選ぶと効率よくダイエットにつなげることができるの。

(朝食)
それで、午前中は脂肪の分解と栄養素の代謝に関わる肝臓が活発に働く時間帯ですね。

でも、肝臓は早朝から働き始めて、11時頃にピークを迎えるの。

また、朝は肝臓がしっかりと代謝してくれて、主食のごはんやパン、主菜の肉や魚とね。

なので、副菜の野菜や海藻類とバランスを考えてしっかり食べてください。

そこで、忙しい人は、ごはんと具だくさんの味噌汁やスープに豆腐や納豆でも良いですよ。

また、汁物は具材を入れて煮込むだけで様々な食材がとれるので良いですね。

時間栄養学ダイエットと体内時計で体重減少です。

体重減少は、こちらにも書いています。
体重減らしてから筋トレの方法で体重減少の謎です。

(昼食)
昼の12時頃~14時までをピークに胃が活発に働きますよ。

でも、胃は主にタンパク質の消化をして、肉や魚のタンパク質をしっかりとってね。

また、良いのは定食屋さんよ、定食屋さんは焼き魚や豚の生姜焼きと、タンパク質がしっかりとれるの。

なので、小鉢などで野菜もとれるので、バランスのよい食事をすることができますよ。

それで、カレーやラーメンと炭水化物中心の単品メニューはタンパク質が不足するので注意してね。

(夕食)
また、夜は肝臓が休息モードに入っていて、脂質の多い食事は控えるの。

でも、野菜や魚、赤身の肉や鶏むね肉やササミなど、脂肪分の少ない部位を選んでタンパク質も補給しましょうね。

そこで、どうしても夕食が21時以降になってしまう人は。

それで、温野菜や野菜スープ、寄せ鍋、湯豆腐など脂肪の少ないメニューを選ぶことがダイエットにつながるの。

なので、また翌朝も胃もたれせずにスッキリと目覚めることができますよ。

また、このように、(朝の習)と(食べるものを選ぶ)ことで体内リズムにそった生活がおくれてね。

それで、エネルギー代謝が高まり脂肪をため込みにくい身体へと導いてくれますよ。

        時間栄養学ダイエットと体内時計で体重減少です。

スポンサ-ドリンク


</iの




体重減少は、こちらにも書いています。
体重減らしてから筋トレの方法で体重減少の謎です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加