体重減らしてから筋トレの方法で体重減少の謎です。

話題ダイエットランキング

体重減少は、次にも書いています。
高温反復浴は熱いお湯(40℃~42℃)に短時間入ったり出たりて体重減少にお答えします。

体重減らしてから筋トレの方法で体重減少よ。

スポンサ-ドリンク


</iの




そこで、脂肪が筋肉に変わるの====

それで、脂肪が筋肉に変わるは耳にしたことあるね。

なので、脂肪が筋肉に変わると思っていたよ。

でも、脂肪が筋肉に変わったら、一旦太った方が良いのでは。

また、筋肉はタンパク質から出来ていて、脂肪は脂質から作られているの。

だから、筋肉と脂肪は別の物質で、脂肪が筋肉に変わることはありえないのよ。

でも、脂肪が筋肉に変わるというのは、下記の理由です。

★脂肪が筋肉に変わると勘違いされるポイントね。
★脂肪がつくぐらい多く食べている人の方が筋肉がつきやすいの。
★筋トレをすると脂肪が多少減って筋肉がつくためよ。

また、上記の2は誰でもわかりやすいの、脂肪が筋肉に変わると考えられますね。

なので、実際ありえないの、注意してよね。

そこで、筋肉太りの現象はないのよ。

それで、筋肉太りしてしまったという人の多くがね。

なので、ダイエットで筋トレして筋肉がつき太ってしまったの。

また、昔にね、スポーツをやっていて筋肉太りしてしまったのよ。

だから、結論から言うと筋肉太りという現象はないの。

スポンサ-ドリンク


</iの

体重減らしてから筋トレの方法で体重減少よ。

 (その理由の説明です)

 ①、ダイエットで筋トレをしたのに、筋肉で太ってしまったの。

   これは、筋肉が脂肪よりも重いことで起きた現象ですね。

   また、筋トレをして筋肉がつくと体重は増えます。

   でも、あなたが目指しているのは体重の減少ではなくてね。

体重減少は、次にも書いています。
高温反復浴は熱いお湯(40℃~42℃)に短時間入ったり出たりて体重減少にお答えします。
   それは、スタイルの良い身体づくりなのよ。

   そこで、筋肉がつき脂肪が落ちて入れば引き締まった身体で、筋肉太りではないの。

 ②、それで、昔、スポーツをやっていて筋肉太りしてしまったのよ。

   また、過去にスポーツをやっていて筋肉がつき、今はそれが筋肉太りの原因になっているの。

   でも、現在も運動を継続している人だと筋肉があまり落ちずにね。

   なので、スポーツをしていた時の筋肉のままで筋肉太りが気になるかもしれませんよ。

   また、今あまり運動をしていない人は筋肉は確実に減っていて、筋肉太りは起きないの。

   そこで、あまり運動をしていない人が筋肉太りが気になるのはね。

   それは、カロリーオーバーで脂肪がついたのが原因の場合がほとんどですよ。

   なので、現役時代はハードのトレーニングをしていたためにね。

   だから、相当なカロリーを消費して、引退してトレーニングを行わなくて消費カロリーは激減です。

   それで、食事の量が減っていると脂肪が増えることはありませんがね。

   そこで、多くの人は食事の量も以前と変わらないままなんですよ。

   なので、脂肪が増えて筋肉太りの正体だったんです。

  (筋肉を落とさず脂肪を減らす方法)

また、筋肉が多い方が代謝が良いのは、多くの人が知っています。

では、筋肉はあまり落とさないで脂肪だけが落とせたら良いのよ。

だから、筋肉をなるべく落とさず、脂肪を減らす方法の紹介です。

でも、筋肉を1gも落とさずにダイエットすることは出来ませんがね。

そこで、なるべく筋肉を落とさないようにすることはできるんですよ。

体重減らしてから筋トレの方法で体重減少です。

★筋トレをして筋肉量を維持するの。
★筋肉は筋トレをしないと落ちていく仕組みになっているの。
★歩行や生きていくに必要な筋肉は減ることはないの、余分な筋肉は落ちていくのね。
★筋トレをすると筋肉は傷つき、修復される過程で大きくなりますよ。

(それで、筋肉を効率よく増やすポイントです)

また、ダンベルやマシンで10回ギリギリで出来る重さで筋トレをするの。

そこで、1週間に2〜3回「2日置き」の頻度で筋トレするの。

それで、有酸素運動の時間を短くするね。

また、ダンベルやマシンの筋トレを行うと、効率よく筋肉をつけることが出来ますよ。

でも、自重「自分の体重だけ」の筋トレは、筋肉が増えるほどの効果が見込めなくて、効率が悪いですね。

            体重減らしてから筋トレの方法で体重減少

スポンサ-ドリンク


</iの




体重減少は、次にも書いています。
高温反復浴は熱いお湯(40℃~42℃)に短時間入ったり出たりて体重減少にお答えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加