ヨ-グルトは乳酸菌の効果の謎です。

話題ダイエットランキング

ヨ-グルトは、次にも書いています。
玉ねぎヨ-グルトダイエットの口コミの謎です。

ヨーグルトは乳酸菌の効果とは、お腹に良いのよ。

スポンサ-ドリンク


</iの

近年、ヨーグルトの健康効果で(腸内フローラ)(腸内環境)(乳酸菌)が話題ですね。

また、腸内環境の改善に(菌活)とも言われているのよ。

それで、これらの単語が色々なメディアで一人歩きしているの。

皆さんは、これらを説明できるでしようか???

私はね、以前の会社で乳酸菌を研究していたの。



乳酸菌を分析し、うんこを調べて、ヨーグルトと食物繊維を被験者に食べさせたりとね。

現在は乳製品と関係の無い会社にいるの、でも毎日乳酸菌は摂取しています。

また、ヨ-グルトは乳酸菌の効果の基礎と少し専門的なことを、お伝えします。

菌叢「きんそう」って?????

腸内フローラとは、(腸内細菌叢)です。

乳酸菌やビフィズス菌、大腸菌とは、人間の腸内に住んでいる微生物の集団なのよ。

(善玉菌と悪玉菌)
腸内フローラに、乳酸菌やビフィズス菌と、人間の健康に貢献する(善玉菌)の微生物がいますね。

逆に、(免疫機能を低下)させ、(便秘や下痢)を引き起こす、時には(発ガン性物質を生産)する(悪玉菌)もいるの。

でも、(悪玉菌)を名指しすることは難しいですよ。

また、大腸菌の、O-157の様に、常時悪玉の菌もいてね。

多くの菌はね、食生活や体調により(無害)にも(悪玉菌)にもなりますよ。

なので、この(気分屋)の菌は、日和見「ひよりみ」感染菌といいます。

(善玉菌を増やすにはね)
腸内フローラの悪玉菌を減らし、(善玉菌優勢)は、(善玉菌を摂)するか(善玉菌を増やす成分を摂取)するのね。

また、最も重要は睡眠や運動で、体内の調子を整えておくことですよ。

それで、微生物による腸内環境の改善は、(補助的)なものですね。

食物繊維、オリゴ糖、乳酸菌を毎日摂取して、運動不足や寝不足でストレスがあると、腸内環境は悪くなりますよ。

その状態で、乳酸菌に腸内環境を改善してと言っても無理な話ですよね。

腸は(免疫)のボスです。
腸の機能は(消化)ですよ。

そこで、もう1つ重要な働きが(免疫)ですね。

また、 免疫細胞の60〜70%は腸に存在して、特に小腸の(パイエル板)は、腸管免疫の起点の重要な器官ですよ。

なので、腸には食物とともに、様々な異物や微生物が入ってきますね。

ヨ-グルトは、次にも書いています。
玉ねぎヨ-グルトダイエットの口コミの謎です。

その異物を認識して(変な奴が来たぞ)と免疫細胞に伝えるのが(パイエル板)なのよ。

また、腸には絨毛「じゅうもう」という突起があり、一部絨毛がなく、平らな部分が小腸にあり、この領域がパイエル板です。

それで、 (腸内環境を整え、病気に強くなる)のは、(腸管の免疫応答を活性化する)ということですよ。

スポンサ-ドリンク


</iの

  (ヨ-グルトは乳酸菌の効果の機能です)

プロバイオティクスとはね????

そこで、(乳酸菌を食べよう)のキーワード、(プロバイオティクス)についてね。

プロバイオティクスは腸内腐敗、腸内有害細菌の機能を抑制して。

また、有益な腸内細菌と生体の活性化や補助を示し、特定の菌種により生産された生菌製品と定義がよいの。

消化管におけるプロバイオティクス、プレバイオティクスの機能、注目点と問題点より プロバイオティクスとはね。



健康維持に有用で、生きた微生物を含む食品「医薬品」を言います。

また、ヨーグルト以外にも納豆、キムチが該当しますよ。

それで、 CMで有名な(新ビオフェルミンS)も(生きて腸まで届く)有用菌を生きたまま製剤化していますね。

なので、腸内フローラで善玉菌を優勢にする整腸剤ですよ。

でも、(生きて腸まで届く)には注意点がありますね。

今の研究ではね、生きた乳酸菌を摂取して、どの程度生きて腸まで届くかはわかりませんよ。

そこで、どうやって(生きて腸まで届く)を証明するかというとね。

● 試験対象の菌がいない、少ない被験者を選ぶの。

●うんこの菌を調べるの。

●試験対象の菌「が入ったヨーグルト」をしばらく食べてもらうの。

●うんこの菌を調べるの。

●試験対象の菌がいた、または明らかに増えたの。

ヨ-グルトは、次にも書いています。
玉ねぎヨ-グルトダイエットの口コミの謎です。

  以上です。

     ヨ-グルトは乳酸菌の効果の謎で、美しい腸よ。

スポンサ-ドリンク


</iの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加