【父の日】効果的な体重を減らす秘密。

話題ダイエットランキング

(こんなこともしています)

ダイエットをする時に、食べる量を減らして運動すれば?

の、アドバイスは、ダイエットでは有害だそうです。

太り気味の人に、食べる量を減らして運動すれば?と言われるね。

残念です、そのアドバイスはダイエットの助けになりません。

減量は、(食べる量を減らして運動する)ことです。

カロリーの摂取量より消費量が多ければ体重は減りますね。

スポンサ-ドリンク



そこで、(カロリー不足)の状態を作り出すのです。

でも、話が簡単はそこまでです。

専門家は長い間、(食べる量を減らして運動しましょう)とアドバイスしてきたの。

それで、この助言は役に立ちませんでした。

また、食べる量を減らして運動する必要はあるのですがね。

本人に、そうするよう言っても無駄だそう。

その、アドバイスとは逆方向の、生理学的要因と環境要因が強く働いているのです。

朝目が覚めて、肥満になろうと決めて肥満になったとの単純な話ではないの。

なので、(食べる量を減らして運動すれば?)というアドバイスは有害です。

人間の身体は、仕組みが非常に複雑なの、機械のように見えますがね。

体重を調整するメカニズムは、(カロリーの摂取量vsカロリーの消費量)という単純なものではなくて。

生理学的、心理学的、環境的な要因が無数に働いていて、肥満は単なる選択ではありません。

でも、(自分ではコントロールできないのだから仕方がない)とは思わないでください。

減量が困難だからと、何もしなくていいというわけではありませんね。

むしろ、その反対です、この知識をいかして、ダイエットを妨げるものが何かを理解して。

最高状態の自分を目指してね、障害を乗り越えてくださいよ。

自制心に頼りすぎないで下さい。

(食べる量を減らして運動をする)と言われると、減量とは単に自制心の問題のように聞こえますが。

(健康になりたいなら、ひたすらがんばるべきだ。うまくいかないのは努力が足りないからだ)と言われているようです。

でも、ダイエットに関して、多くの人々は自制心に頼りすぎているの。

なぜって、自制心はもともと限りがあるからですね。

新しい研究では、自制心という概念は想像の産物でしかないのではないか、と言われているの。

自制心に関しては膨大な研究が行なわれていて、これはその中の1つのデータポイントにすぎませんね。

そこで、(自制心には限りがある)が合理的です。

なので、意志が強かろうと、それだけではね。

大嫌いな、ランニングをするために毎朝ベッドから身体を引きずりだすのは続けられないの。

そして、ブロッコリーを口に詰め込むことだってできないね。

また、自制心に頼りすぎると一体どんなことが起きるの。

目標体重の設定に関する記事の中でね。

栄養学の専門家Alan Aragon氏とLou Schouler氏によるケーススタディーの紹介です。

架空の人物(ダン)を例にとりま、彼の体重は109キロで、何とかしなければと思ったの。

それで、ダイエットのベストセラー本を買い、ダイエットメニューに徹底的に従おうと固く決心してね。

その食事メニューが、1日たったの1300カロリーに抑えられて、普段食べている量の半分以下だとダンは知りません。

また、目標体重もはっきり決めていませんでした、ダンはとにかく体重を減らしたかったのですね。

初めは、みるみる体重が減り、わずか6週間で10キロも痩せたそうです。

シャワーを浴びるたびに、痩せるんじゃないかと奥さんにからかわれました。

あと1カ月もすれば、大学1年生の時以来の80キロ台に手が届きそうだとダンは考えたの。

でも、ダンの知らないところで、ダイエットはすでに失敗していました。

ダンは四六時中お腹が空き、メニュー通りの食生活がだんだんできなくなったの。

そこで、大人になりずっと90キロを超えていて、代謝システムが反撃を開始してね。

運動ではなく日常のちょっとした動作で消費される非運動性熱産生(NEAT)と。

日常生活の活動の中で発生する熱量、がすでに低下していた上にね。

脂肪を除く体重が減ったことで、安静時の代謝も下降気味でした。

ダンがダイエットをやめようと決めた時は、すでに少しリバウンドしていたの。

身体は失った体重を取り戻そうとするばかりか、さらにもう少し上乗せする準備態勢に入っていました。

ホメオスタシス(生物が体内環境を一定範囲に保つ働きのこと)を刺激すると、そういうことになります。

このケーススタディーのダンは、身体に備わったホメオスタシス。

長期的な均衡を維持しようとする身体の働きを相手に戦っていてね。

急激に体重を減らすと、食欲や代謝を抑制して体重を調整するホルモン(レプチン)のレベルが急降下をダンは知らなかったの。

体重が減るとレプチンの量も低下するので、空腹感が増し、代謝率は落ちます。

レプチンは、たくさん食べた時に満腹中枢を刺激して、食欲を低下させる働きもあるの。

こうした働きが組み合わさって、体重はどうにか一定に保たれています。

また、こうした働きは体重減少に影響を及ぼし、ダイエットが成功すればするほどね。

身体は抵抗するの、体重の減りが激しくなると、身体はますます抵抗して。

スポンサ-ドリンク



ダイエットの成功も一層難しくなり、ダイエットを始めたばかりの数週間は楽に痩せていくかもしれませんが。

(まじめに)ダイエットを続けていくには、日に日に自制心が必要になっていくのです。

ダンは自制心に頼っていたの、食べる量を減らし、運動量を増やすことで、自然の力に逆らっていたの。

自然の力と意志の力が戦えば、自然が勝つに決まっています。

ダイエットの成功は、自制心によってもたらされるのではないの。

成功を生むのは、持続可能な(プラスのフィードバックループ)です。

それは、(自分が注ぎ込む努力よりも、手にする成果のほうが価値が高い)と思わせる。

やる気の源で、やる気を維持し、ダイエットを成し遂げようとするとき、これ以上に大事なことはありません。

はじめは、ダンも、プラスのフィードバックループを生み出したかもしれませんがね。

それは持続不可能なものでした、おそらく、とてもお腹が空いて、体重を減らすのがどんどん難しくなったはずです。

生活環境も妨げになったのは言うまでもありませんね。

その時点で、ダンのフィードバックのループは持続できなくなってしまいました。

やる気が足りなかったせいだと考えたかもしれませんがね。

簡単に言うと、フィードバックループがどうしても維持できなかっただけです。

それらは、生理学要因と環境要因が大いに働いたからでしたね。

いつまでも、自制心に頼れる人などいません、自制心とは、車のエンジンをかける動力であり。

前進させ続けるための力ではありません。

自制心は、習慣と、やる気を生み出すプラスのフィードバックのループを通じて守られるものです。

そこで、痩せたいといって塩抜きダイエットだの。

(毎朝必ずジョギングする)だのと、健康に無意味な行動に走る人を見ていられないのです。

そのような、ダイエット法は確かに身体に良さそうに聞こえますがね。

実は、まったく逆である場合も少なくありません。

エクササイズがダイエットにとってそれほど重要ではないことは以前に取り上げたことがあります。

減塩食品などを食べたりして、いずれにせよ何の効果もありません、得られる効果はほんのわずかですよ。

自制心を必要で苦痛で無意味なダイエットは、長い目で見て(有害)です。

大した効果も生みません、塩抜きダイエットや、健康的な食生活を勧める(オーガニックダイエット)

または、(毎日何が何でも身体を動かす)といった行為は、実際のところ。

健康的なライフスタイルの確立を邪魔するものになりかねないのね。

ジョギングなんて嫌い、だったら走らなくてもいいのです。

ピザが大好き、 なら、食生活に上手に取り入れられる方法を見つけるの。

サラダは食べたくない、 では、ほかの方法で野菜を食べるのよ。

(食べる量を減らして運動をする)のは、体重を減らすための解決策ではないです。

それで、大事なのは、ダイエットに失敗してきた自分を許して。

再び挑戦し続けてやる気を取り戻すことですね。

スポンサ-ドリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加