美尻の作り方⑤、お尻大きいは筋肉①②③④で体重減少です。

話題ダイエットランキング

体重減少は、こちらにもかいています。
お尻大きいは筋肉で体重減少しよう①②③④。

美尻の作り方。⑤

それで、お尻の形は人によってさまざまですね。

スポンサ-ドリンク


でも、お尻の形に自信がある人はそんなに多くいませんよ。

なので、日本人のお尻は平らや、垂れているの。

そこで、努力次第で誰もがうらやむ美尻を作れるのよ。

また、垂れ尻を解消して自信が持てる美尻の作り方の紹介です。

それでは、実践して、パンツや水着を堂々と着こなせるヒップを目指してください。

(寝ながら簡単、美尻の作り方です)

また、お尻が平らや、垂れていたりは、つくべき場所にお尻の筋肉がついていないのが理由ですね。

それで、お尻周りに脂肪がつきやすいので、お尻に筋肉がついていないと、筋肉が脂肪を支えきれなくなるの。

だから、お尻が垂れてしまうのね。

そこで、美尻を作るには、エクササイズでお尻の筋肉を鍛えることが大切です。

それで、簡単にできる美尻を作るエクササイズをご紹介しますね。

また、寝ながらのエクササイズで、ハードな運動が苦手の人も気軽にチャレンジできるのよ。

では、マットを準備してね。

つぎは、うつ伏せヒップアップエクササイズです。

また、うつぶせの状態で、テレビを見ながらできてしまうエクササイズですよ。

なので、時間があるときに、辛くない程度に行ってね。

①.マットにうつ伏せになるの。

②.両ヒザを曲げるの。

③.左ヒザを床から離して高く上げて、3つ数えるの。

④.もう一度、3つ数えながら左ヒザを戻すの。

⑤.右ヒザも同様に行うのね。

では、ヒップを引き上げ、太ももを引き締めるのに効果的なエクササイズです。

だから、時間ができたときにいつでもやってみてくださいね。

なので、継続すれば、1ヵ月くらいでお尻に変化が現れるの。

(10回がんばる、小尻に近づくエクササイズです)

では、仰向けになった状態で行うエクササイズよ。

それで、キュッと引き締まった小尻をつくるエクササイズで、頑張ってね。

①.マットに仰向けに寝るの。

②.足を肩幅に開いて、ヒザを曲げの。

③.かかとを床につけたまま、つま先を天井へ向けて立てるの。

④.③の姿勢のまま、腰をグッと持ち上げる、ヒザから肩まで一直線になるように意識するの。

⑤.そのまま3秒間キープよ。

⑥.ゆっくりと腰を降ろしていく、マットがお尻につかないように注意よ。

⑦.ここまでで1回とし、再度お尻を持ち上げて4~6を10回繰り返すのね。

でも、ハードな運動ですが、最初は無理せず休憩をはさみながらで、10回やってみましょうね。

また、慣れてくると、腰を浮かしたまま連続で10回腰を上げ下げすることができるようになりますよ。

なので、引き締まった理想のヒップをイメージしながらやると、継続するモチベーションが高まるのね。

(垂れ尻を撃退、プロによる美尻の作り方です)

また、地道にヒップアップのエクササイズを続けると、徐々に美尻に近づいてくるのね。

でも、お尻のエクササイズは、数回やっただけでは目に見える変化は期待できませんよ。

そこで、美尻に近づくには、数ヵ月~半年のスパンでエクササイズを続けていくことが求められるの。

だから、(できるだけ結果を早く出したい)(確実に美尻になれる方法を続けていきたい)という場合はね。

そのときは、エステサロンやプロの手を借りましょうよ。

体重減少は、こちらにもかいています。
お尻大きいは筋肉で体重減少しよう①②③④。

また、プロによる美尻の作り方はね。

それは、ハンドトリートメントとパーソナルトレーニングを組み合わせた多方向からのアプローチです。

なので、エステでのハンドトリートメントではたるみなどの悩みを解消しつつ、で。

つぎに、パーソナルトレーニングで衰えたお尻の筋肉の強化を目指していきますね。

また、パーソナルトレーニングは、美尻、美脚のプラチナボディスタイリストが。

それで、マンツーマンでトレーニングをサポートします。

なので、自己流でトレーニングをやるよりも、効率良くお尻の筋肉を鍛えることができるんですよ。

でも、骨盤まわりや下半身のエクササイズは、全身痩せにも良くて、お尻だけでなくてね。

そこで、全身をスッキリとさせるためにも良いです。

また、美尻に近づくには、美尻になるためのエクササイズを継続的にやっていくことが大切ですよ。

でも、エステサロンでプロによる施術やトレーニングの指導を受けることも助けになりますの。

スポンサ-ドリンク


それで、いくら努力をしても、美尻作りに妨げになる習慣を続けているならね。

そこで、理想のヒップに近づくのを遠ざける要因となりますよ。

また、美尻の作り方を学んで、それを実践するとともに、美尻作りを妨げる習慣をやめるようにすることがね。

なので、形の良いヒップを作るためには欠かせませんの。

下記の習慣は、お尻を垂れさせたり、ペタンコにしたりする原因で、やめてください。

★脚を組まない。

★座ったときに、つい脚を組むクセがありますか。

★もしも脚を組む習慣があるなら、それはお尻を垂れさせる原因になるのでやめましょう。

★脚を組むと、骨盤に歪みが生じるため、お尻の筋肉が伸びてしまいます。そうするとね。
 お尻の筋力が弱くなり、お尻周辺の脂肪を支えておくことができなくなり、お尻が垂れてしまうのですよ。

★美尻のためには、脚を組むといった動作もNGですね。

★イスに座るときは、背筋をのばして、イスに深く腰掛けるようにするの。

★反り腰はよくないの。

★腰を反って、お尻を突き出す(反り腰)もお尻を垂れさせてしまうのでやめましょうね。

また、腰を反った姿勢は、腰に負担をかける一方で、お腹やお尻の筋肉を衰えさせる原因になりますよ。

それは、腰を反った姿勢は、腹筋やお尻の筋肉がほとんど使われないからですね。

それで、お尻の筋肉が低下し、お尻がどんどん垂れてしまいますよ。

また、背筋をのばした正しい姿勢のときに、お腹やお尻の筋肉は使われますね。

そこで、美尻を目指すなら、反り腰はやめて、背筋をまっすぐのばした正しい姿勢を心がけましょうね。

(猫背にならないように)

しかし、猫背も美尻にとっては良くありません、猫背になるとね。

なので、骨盤が傾いてしまうため、お尻が垂れてペタンコになってしまうのよ。

また、デスクワークで、パソコンを長時間に使用している人や、スマホをよくいじっている人はね。

それで、猫背になっていることが多いので注意が必要ですよ。

そこで、猫背になっていることに気づいたら、意識的に背筋をのばすように努力しましょうね。

でも、姿勢が悪さは、からだのすべてにおいて悪影響をおよぼしますよ。

なので、見た目が悪いし、腹筋や背筋、お尻の筋肉をあまり使わないため、筋肉の衰えの要因にもなりますね。

だから、美尻になりたいなら、正しい姿勢でいるように心がけることが大切ですよ。

スポンサ-ドリンク


体重減少は、こちらにもかいています。
お尻大きいは筋肉で体重減少しよう①②③④。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加