【コ-ヒ-で】脂肪を減らして体重減少にお答えします。

話題ダイエットランキング

体重減少は、こちらにも書いています。
【体重を減らす方法短期間運動】で体重減少の秘密。

コ-ヒ-で脂肪を減らして体重減少するの。

スポンサ-ドリンク


</iの




また、コーヒーとダイエットの相性はピッタリですよ。

では、コーヒーの何がダイエットに効果があるのか。

それで、どうすれば効率的にコーヒーダイエットが出来るのかの説明です。

そこで、コーヒーダイエットは、ブラックコーヒーを飲んでダイエットするの。

また、コーヒーはダイエットに効く成分を含んでいて、コーヒーを飲むとその成分を身体に吸収できるのね。

でも、ブラックコーヒーダイエットを効率的に行うには、色んな条件があって、漠然と飲むだけではなくて。

なので、条件を意識して効果的に飲むことが重要ですよ。

また、コーヒーがダイエットに良いや、何を根拠に言っている話ですがね。

それで、科学的な根拠がいくつかあり、なぜコーヒーがダイエットに効果的なのかを話していきますよ。

①カフェインが脂肪を分解、燃焼するの。

そこで、コーヒーにカフェインが含まれているのは誰もがご存知ですね。

では、カフェインの効果は、夜中に飲むと眠れない、妊娠中は飲んだらダメが有名なのよ。

でも、このカフェインはダイエットにも効きますの。

また、カフェインは(リパーゼ)という消化酵素の働きを活性化させる働きがありますね。

なので、リパーゼが脂肪を(脂肪酸)と(グリセリ)」の2つに分解しますよ。

それで、ダイエットは脂肪を燃焼して、無くす必要があり、脂肪はそのままでは燃焼できないのね。

だから、脂肪酸とグリセリンに分解されてね、はじめて燃焼するの。

そこで、分解されたものが血液に流れていき、燃焼されるわけですね。

なので、脂肪燃焼は、食事で入ってくる脂肪にも、今まで蓄積されて溜まっている脂肪にも、両方に作用しますの。

また、カフェインの摂取はダイエットに効果的と言えますね。

コ-ヒ-で脂肪を減らして体重減少です。

②クロロゲン酸が脂肪を分解、燃焼するの。

では、コーヒーに含まれてる成分でダイエットに効く(クロロゲン酸)というものがありますね。

それで、クロロゲン酸はポリフェノールの一種なのよ。

また、クロロゲン酸はカフェインと同様の働きを行ってね。

つぎに、脂肪の分解を促進し、脂肪が身体に蓄積することを防ぐことができるの。

でも、他にも自律神経の働きを高める効果もあり、それが肥満の予防に効果的という意見もあるのよ。

また、カフェインとクロロゲン酸の2つの成分が脂肪燃焼に働き、相乗効果を得ることができますね。

だから、コーヒーはダイエットに非常に効果的なのよ。

そこで、クロロゲン酸は痛風にも効くことで知られていますね。

なので、ダイエットにも効いて、痛風にも効き、一石二鳥ですよ。

③血行を促進して代謝を上げるの。

また、コーヒーに含まれているカフェインの効果で1つ期待されているものがね。

それは、血行を良くする効果がありますの。

それで、血行が良くなり、血流が良くなり、身体の隅々まで血液が行き届き体温が上がりますね。

なので、体温が上がり基礎代謝が高まるとダイエットに効果的なのよ。

なぜって、体温が1度上昇すると、基礎代謝が13〜15%も変動するのね。

また、基礎代謝が高まると、その分痩せやすい身体を作ることができるの。

でも、体温が上昇すると、血液不良が原因で発生する肩こりや冷え性も解決することができますね。

④老廃物を排出してむくみを解消するの。

そこで、カフェインは利尿作用がありますね。

また、コーヒーを飲むとトイレに行きたくなることは一回くらい聞いたことがあるね、まさにそれですよ。

なので、この利尿作用で、身体に溜まっている、不必要な老廃物や水分を排出することができますね。

それで、(むくみ)で悩んでいる人も多くいますよ。

私の元彼女もむくみを気にしていて、毎日ペットボトルの水を持ち歩いて飲んでいましたね。

また、これはいっぱい水を飲むと、利尿作用を促進して、むくみを解決しようとしたのかもよ。

だから、コーヒーでも同様の効果を期待できますね。

でも、むくみとはもともと身体の中に不必要な老廃物や水分が溜まってしまうことで発生するの。

なので、コーヒーを飲んで利尿作用を促進すると、このむくみも合わせて解消することができますね。

また、むくみがあると、その部分がプクっと見えて、太って見えてしまいますの。

それで、むくみをそのまま放っておくと、むくんだ部分の脂肪と老廃物が結合して(セルライト)ができますよ。

でも、セルライトはかなりの厄介者で、一度できてしまうとなかなか取れませんね。

コ-ヒ-で脂肪を減らして体重減少よ。

⑤リラックス効果がダイエットに効く?。

また、これは冗談半分くらいで聞いてもらえればと思います。

そこで、コーヒーの香りのリラックス効果がダイエットに効果的なの。

では、コーヒーの香りは脳にα波を生じさせて、リラックスさせる効果があるそうですよ。

でも、私がただ単にコーヒーが好きだからかもしれませんが、コーヒーの香りを嗅ぐと少しほっとしますね。

それで、このリラックス効果が精神をリラックスさせ、心の代謝を高めることができるとかで。

なので、ダイエットは時にストレスのかかるもので、コーヒーの香りでリラックスして息抜きすることも重要かもよ。

では、どうすれば効果的にコーヒーダイエットができるのかです。

そこで、具体的にどんなコーヒーをどういう風に飲めば効果を高めることができるのかの紹介です。

①インスタントでなくドリップコーヒーを飲むの。

また、コーヒーを飲むにもいろんな種類がありますね。

それで、カフェでコーヒーを頼み、自分でドリップしてコーヒーを作り、インスタントのコーヒーを作成したりと。

つぎに、缶コーヒーを買ったりと、一番ベストは、カフェまたは自分で作るドリップコーヒーですね。

でも、インスタントコーヒーでも効果はあるの、インスタントコーヒーや缶コーヒーの場合は。

そこで、先ほど説明したカフェインとクロロゲン酸の量がどうしても少なくて、効果が薄れてしまいますね。

また、缶コーヒーはそもそも糖分が多くてカロリーが高く、飲むならブラックで甘くないやつよ。

なので、砂糖やミルクはできるだけ入れない方が良いの。

体重減少は、こちらにも書いています。
【体重を減らす方法短期間運動】で体重減少の秘密。

②アイスコーヒーでなくホットコーヒーを飲むの。

でも、コーヒーを飲むときには、大きくホットコーヒーとアイスコーヒーがあると思いますがね。

また、ダイエットの効果で選ぶならば間違いなくホットコーヒーが良いですよ。

それで、ホットコーヒーは脂肪燃焼が効果的と同時に代謝が高まるからです。

そこで、度々出てくるカフェインとクロロゲン酸ですが、これらの成分をより効率的に体内に取り組むにはね。

それは、ホットコーヒーの方が効率的で、脂肪燃焼を効率的にすることができますよ。

なので、ホットコーヒーの方が代謝が高まるからですね。

また、ホットコーヒーを飲むと、その名の通りホットなので体温を高めることができます。

それで、内臓の働きが活発になり代謝が上がり、痩せやすい身体になれるのね。

でも、ホットコーヒーの温度は、自分で作る時は、80度くらいのお湯で作るのがベストですよ。

なぜって、クロロゲン酸は熱湯を使うと死んでしまうからですね。

コ-ヒ-で脂肪を減らして体重減少です。

スポンサ-ドリンク


</iの

③砂糖とミルク入りではなくブラックコーヒーで。

また、ダイエットで言うまでもないけれど、当然砂糖やミルクを入れるよりも、ブラックコーヒーの方が効果的ですよ。

なので、ブラックコーヒーのカロリーは一杯あたり4kcalくらいとほぼ無くて無視できるレベルですね。

そこで、スプーン一杯分の砂糖とミルクを入れた場合にざっくり16kcalくらいは追加でカロリーが増えてしまうのよ。

でも、どうしてもブラックコーヒーが苦くて飲めないという場合にはね。

また、できるだけ少なめの砂糖とミルクを入れることが良いの。

④コーヒーの種類は浅煎りのコーヒー豆がベストです。

それで、何度も耳にタコができるくらい登場のクロロゲン酸ですが、とにかく熱に弱いですの。

だから、深煎りのコーヒー豆よりも浅煎りのコーヒー豆の方が良いですね。

また、深煎りのコーヒー豆はどうしてもクロロゲン酸が熱でやられるの、浅煎りのコーヒー豆を使ってよ。

でも、深煎りのコーヒー豆は味の濃いコーヒーで、浅煎りのコーヒー豆は味の薄いコーヒーです。

そこで、カフェで頼む場合はあっさり目のコーヒー下さいと言うと良いですよ。

(コーヒーを飲むタイミングはいつがいいのかです)

タイミングは、(食後)です。

また、レストランでコーヒーは食後か、お食とご一緒にとどっちがいいですかと聞かれますが、食後と答えるの。

それで、コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸は食事によって身体に入ってくる脂肪を燃焼させる効果があり。

だから、食事をした後に身体が消化をし始めるタイミングに飲むのが良いのです。

また、コーヒーを飲むなら(運動前)がいいの。

なので、ダイエットや健康を目的に運動なら、その前にコーヒーを飲んだ方がいいですよ。

それで、コーヒーは脂肪燃焼の効果があり、コーヒーを飲むと、身体の中が脂肪を燃やすモードに入るの。

そこで、そのモードに入っている最中に運動をすると、効果的に脂肪を燃焼することができますね。

それは、まさに相乗効果というやつですよ。

では、具体的に運動をする30分くらい前にコーヒーを飲むのが良いですね。

また、カフェインの効果は3〜4時間くらいで、その間に運動を行うとより効果を高めることができますよ。

それで、最後に良いタミングは(入浴)ですね。

では、理由は運動前にした方がいいのと同じです。

それは、入浴による脂肪燃焼をコーヒーの脂肪燃焼効果と合わせることで相乗効果が得られるのね。

また、具体的に入浴の30分前が良いです、半身浴を20〜30分すると、さらに効果的に痩せることができるの。

(コーヒーダイエットする上で注意すべきことです)

①お腹が空いている時にはコーヒーを飲まないこと。

また、コーヒーは胃酸の分泌を促進させる働きがあります。

なので、お腹が空いている時にコーヒーを飲むとね。

それで、お腹の中に特に消化すべき食べ物が入っていないにも関わらずに胃酸が分泌されることになりますよ。

また、胃が弱い人は、それが原因でお腹が痛くなることもありますね。

でも、食べ物を食べた後なら消化すべき食べ物が存在するので、そのようなことは起こりにくいですよ。

そこで、コーヒーを飲むのは食事の後にしましょうね。

②むやりやたらにコーヒーを飲みすぎないで。

また、世の中には、やると決めたら徹底的にやる人がいますね。

私も、そのタイプですが、コーヒーがダイエットに効くなら飲みまくるタイプですよ。

でも、コーヒーは飲めば飲むほど痩せるというものではありませんの。

だから、逆に飲みすぎるとカフェインが多すぎてヤバくなりますよ。

なので、一般的にカフェインは1日に300ml〜500mlが上限で、それ以上取るのは良くないの

また、コーヒー一杯に含まれるカフェインの量はだいたい150mlくらいです。

それで、コーヒーは1日に3杯くらいをMAXにすると良いでしょうね。

③口臭がやばくなってないか気をつけるの。

また、コーヒーは意外と口臭がやばくなる原因になりますね。

でも、コーヒーを飲むと舌の上にコーヒーの成分がどうしても残ってしまいます。

それで、無視して放置すると、口臭の原因になってしまいますよ。

ても、基本的に朝と夜の歯磨きをしっかりとしていれば、特に気になるほどでもありません。

         コ-ヒ-で脂肪を減らして体重減少してね。

スポンサ-ドリンク


</iの




体重減少は、こちらにも書いています。
【体重を減らす方法短期間運動】で体重減少の秘密。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加