体脂肪ダイエットは落とす食事と有効な食材で体重減少の方法です。

話題ダイエットランキング

体重減少は、次にも書いています。
いちごダイエットの効果で体重減少する意外な活用法の謎です。

体脂肪ダイエットは落とす食事と有効な食材で体重減少してね。

スポンサ-ドリンク


</iの

そこで、痩せたい人、ムキムキになりたい人は、体脂肪は無視できないの。

それで、体脂肪とはね、体内にたくわえられた脂肪です。

また、体脂肪は(皮下脂肪)と(内臓脂肪)の2つに分けられるの。

なので、皮下脂肪は、皮膚の下にあり指でつまむことができる脂肪です。

でも、内臓脂肪は、身体の深部の内臓の周りにある脂肪なの。

また、体脂肪と聞くとね、おなかの周りにぶよぶよとあるダイエットの敵だと思われがちよね。

でも、生命の維持に欠かせない重要な役割を果たしてくれているの。

そこで、脂肪は、エネルギー源になり、身体の機能を正常に保ち必要な細胞やホルモンを作り出すね。

それで、体温を保つクッション材として身体を守るの。



でも、まったく脂肪がないのはまた問題になるのね。

体脂肪ダイエットは落とす食事と有効な食材で体重減少してね。

また、体脂肪が過剰にたまると事態は急変して。

肥満や高血圧、糖尿病といった生活習慣病の発症に大きく影響するの。

なので、体脂肪は、不足したり過剰にあってもいけないの、適切な量を保つのが良いです。

でも、上記のことから、単純に体重が重いと、脂肪が多いということにはつながらないのよ。

それで、体脂肪がつく原因ですが、脂肪が過剰に吸収されるのはどのような時ですかね。

体重減少は、次にも書いています。
いちごダイエットの効果で体重減少する意外な活用法の謎です。

そこで、摂取カロリーが消費カロリーを越えた時です。

また、1日3食以外にお菓子やおやつなど間食を多くとったりや。

間食をしなくともおなかが満腹になるまで食べたりするとね。

摂取カロリーが消費カロリーを越えることにつながりやすいの。

でも、生命活動や運動により消費されるカロリーを、摂取カロリーが上回ると。

摂取カロリーが体内に余り、脂肪となり蓄積されるのです。

なので、脂肪分のとりすぎだけが原因なわけではないの。

また、体脂肪を落とすには運動と食事のバランスが大事です。

また、そんな体脂肪を落とすには、消費カロリーと摂取カロリーのバランスで。

運動と食事のバランスが大切な要素なのね。

では、なぜバランスが大切かというと、食事制限のみをした場合。

体脂肪ダイエットは落とす食事と有効な食材で体重減少するの。

脂肪よりも先に筋肉が落ちてしまうのよ。

しかし、食事を考えずに運動だけした場合も。

消費カロリーを上回るような摂取カロリーになる食事を食べていてはね。

体脂肪の減少は確実に望めないの。

だから、体脂肪を落とすには、食事制限で摂取カロリーを抑えてね。

運動で消費カロリーを増やすことで両者の適切なバランスがとれます。

また、体脂肪を減らす方法を網羅するね、摂取カロリーを減らしすぎないで。

そこで、、運動と食事のバランスを考えずにね。

摂取カロリーを減らしすぎた場合どのような状態になるの。

それで、消費カロリーを下回るカロリー摂取はエネルギー不足になってね。

では、エネルギー不足になると。

筋肉を分解してでもエネルギーを作ろうとして筋肉量が減り(痩せにくい体)を作ってしまうの。

なので、身体が飢餓状態になり、生命を維持するために逆に脂肪を蓄えようとするのです。

しかし、脂肪を減らすために摂取カロリーを減らしたのに、逆に体脂肪を落としにくい身体に。

太りやすい身体にしてしまうのよ。

スポンサ-ドリンク


</iの

そこで、体脂肪率を落とすための食事のポイントです。

それで、体脂肪の役割と機能を正しく理解できたところでね。

これからは、具体的にどのようなポイントに気を付けて食事をとるべきかの説明です。

このポイントを注意すれば、健康的に体脂肪率を落とすことができるでしよう。

体脂肪ダイエットは落とす食事と有効な食材で体重減少しましよう。

3大栄養素のバランスが大事です。

では、食事をする上で一番意識は、3大栄養素のバランスですよ。

また、バランスを考える前提は、通常の食事をとる場合と。

体脂肪を落とす場合とでは、摂取すべき栄養素の割合が異なるの。

(通常の食事の摂取割合)
炭水化物「糖質類」 (50-60%)
タンパク質     (15-20%)
脂質        (20-25%)

(体脂肪を落とす割合の摂取割)
炭水化物「糖質類」 (20-30%)
タンパク質     (40-50%)
脂質        (20-25%)

以上で、体脂肪を落とすには、通常の食事よりも(炭水化物を少なめに。

タンパク質を多めにとる)ことが鉄則です。

つぎに、筋肉を保つためにはね。

では、筋肉のもとになるタンパク質を多めにとると、そのまま筋肉を保つということにつながるの。

また、筋肉を保つためには、体重1kgあたり、タンパク質1g 「/1日」が必要になります。

それで、60kgの人は1日あたり60gのタンパク質が必要ということになるのよ。

また、筋肉を増やすには、タンパク質を1.5g、対して炭水化物を1〜2g摂取するバランスがよいの。

でも、これを実現するには、高タンパク質低カロリーの食材を選ぶなどのカロリー計算を怠らないことが大切です。



(筋肉を増やしたい場合=筋トレや運動をしている際の摂取量。

運動をしていない日に同じように食べれば余計な摂取カロリーになります。

体重減少は、次にも書いています。
いちごダイエットの効果で体重減少する意外な活用法の謎です。

では、栄養素ごとの体脂肪、筋肉に対する働き、機能を見て下さい。

(炭水化物)
炭水化物は、三大栄養素のうち最も比率が高い栄養素で、減らすと手っ取り早く痩せることができます。
でも、まったく摂取しないのはおすすめしない、それは、炭水化物が分解されて作られるのがブドウ糖で。
ブドウ糖は脳にとって唯一のエネルギー源です、仮に炭水化物が不足して、ブドウ糖が作られなくなったら。
炭水化物の代わりに筋肉を分解して糖を作るの、それでね。
脳は飢餓状態と勘違いして消費カロリーを抑えようとして代謝が落ちてしまうの。
それで、、炭水化物の不足は、脳の不活性化に加えて。
精神的不安定、疲労、倦怠感、脱毛、精力減退、不整脈、めまい、免疫低下などを引き起こして。
だから、炭水化物は食べすぎず、減らしすぎず、控えめに摂取するよう心掛け下さい。

(脂質)
脂質は、摂取すると良いものと悪いものがあります。
また、不飽和脂肪酸という脂質は、エネルギー源や身体の構成成分になり。
中性脂肪やコレステロールの量の調節を助ける働きをもちます。
でも、多価不飽和脂肪酸という脂質は、脳神経の発達やアレルギー症状の緩和を助ける働きがあるの。
なので、脂質は1gで9kcalあり、少量の脂質でもカロリーを多く摂取してしまう傾向があり。
摂取する際は注意が必要です。

(タンパク質)
タンパク質の大きな役割は筋肉を作ることです、減量をすることで脂肪が落ちると同時に筋肉も落ちやすいの。
それで、そんなときにこの筋肉の減少を抑えてくれるのがタンパク質です。

(ビタミン、ミネラル)
ビタミンとミネラルは脂肪を燃焼するのに欠かせない要素で、脂肪を燃焼するにはね。
脂質を代謝するクエン酸回路の働きが必要で、このクエン酸回路を動かすために。
酸素、ビタミン、ミネラル、酵素「タンパク」が必要不可欠です。
でも、ビタミンとミネラルは体内で作られることはなく食事からしか摂取できないので、意識的な摂取を心掛けてね。

(食物繊維)
また、食物繊維は脂肪を落とすのに欠かせない栄養素の一つです。
それで、食物繊維は(水溶性食物繊維)と(不溶性食物繊維)の2種類があり。
でも、体脂肪を落とす際に重要になるのは(水溶性食物繊維)です。
(水溶性食物繊維)は、余分な炭水化物や脂質、塩分の吸収を緩やかにしてくれるの。
なので、腸の粘膜を守ったり善玉菌を増やす効果があったりします。
また、(水溶性食物繊維)が含まれる食品は、アボカド、ゆりね、オクラ、山芋。
あしたば、海藻類、ごぼう、納豆などで、ねばねば食材に多いです。

(栄養バランスを整える)
それで、ここまでで栄養素ごとの働き、機能を見てきましたが、栄養のバランスを整えることが最も重要なの。
脂肪分や糖分、炭水化物のとりすぎにはご注意を、また、一方でタンパク質をしっかり摂取すべきだね。
なので、これらを考慮すると、高タンパク低カロリーの豆腐や赤身肉、魚などを摂取することは良いです。
でも、(L-カルニチン)という牛肉の赤身の肉に含まれる成分を摂取することも意識して下さい。
(L-カルニチン)はアミノ酸の一種で、脂肪の燃焼をサポートしてくれます。

          体脂肪ダイエットは落とす食事と有効な食材で体重減少してね。

スポンサ-ドリンク


</iの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加